就職活動

就職活動に向けた第一歩「模擬面接」

| 投稿者: 機械工学科

ブログをご覧のみなさま、はじめまして。
材料グリーンプロセス研究室に所属する、工学部機械工学科3年生の大山大輝と吉田航志です。
今回私たちが紹介するのは、機械工学科3年生の後期のカリキュラムに含まれる創成課題の講義で、2020年12月1日(火)に実施した「模擬面接」についてです。
模擬面接とは、企業が行う採用試験の一つである面接試験に向けた対策として、東京工科大学が全学的に実施している、本番に近い形式の面接練習です。
会議室を1室使用して、材料グリーンプロセス研究室の古井光明教授と研究室所属の4年生の先輩2名が面接員として、入室・退室の動作、挨拶の仕方、面接員からの質問に対する応答などを採点•評価されました。
質問は大きく分けて、「強み」,「学生時代に力を入れたこと」,「その他」の3点でした。
自己PRの「強み」と、いわゆるガクチカの「学生時代に力を入れたこと」は、企業の採用面接でほぼ確実に聞かれる質問です。
3つ目の質問「その他」がなかなかの難関で、挫折した経験や、苦手な人とどのように付き合うかなど、社会人基礎力を深く掘り下げる質問で、答えるのにとても苦労しました。

続きを読む

自分だけの武器になる「コーオプ実習」

| 投稿者: 機械工学科

みなさん、こんにちは。
材料グリーンプロセス研究室に所属している、機械工学科4年生の豊嶋優一です。

機械工学科の学生のみなさんは2年生の後期に、2カ月もの間、企業で実働研修する「コーオプ実習」を経験します。
これからコーオプ実習を行う1年生のみなさんは、2カ月も社会人として働くことができるだろうかと不安に思っていることでしょう。
私は高校時代はアルバイトが禁止で、東京工科大学に入学してからは慣れない一人暮らしで奨学金に頼って生活していたので実働経験が全くありませんでした。
コーオプ実習には、もちろんある程度の緊張感は必要ですが、あまり心配しすぎなくてもだいじょうぶです。
コーオプ実習の前には、それを行う企業との顔合わせがあります。
企業は私たち実習生のことを理解し、温かく迎え入れて下さいます。
コーオプ実習が始まってからは業務に慣れるまで色々と大変かもしれませんが、事前学習のコーオプ演習Ⅰ・Ⅱで学んだことを実践し、社会人基礎力をしっかり身につけられるよう一生懸命研修しましょう。
ただ単位と給料のためにだけコーオプ実習に臨むのはもったいないです。
自分自身の成長を目指して、コーオプ実習では具体的な目標を掲げましょう。

 

続きを読む

エントリーシート対策講座を受講しました!

| 投稿者: 機械工学科

みなさん、こんにちは。
古井光明先生材料グリーンプロセス研究室にて創成課題を受講している、機械工学科3年生の鈴木彗志・村田耕朔です。
このブログでは、930日(水)と107日(水)に行われたエントリーシート対策講座について紹介します。

続きを読む

夏のインターンシップ報告会

| 投稿者: 機械工学科

はじめまして。
機械工学科3年生の黒沼創太と今村遥生です。
創成課題の2回目となる古井光明先生のクラスでは、夏のインターンシップに参加したクラスメイトによる報告会を開催しました。

続きを読む

模擬面接を受けました!

| 投稿者: 機械工学科

機械工学科の1年生,2年生のみなさん、こんにちは。
材料グリーンプロセス研究室にて創成課題を受講している、機械工学科3年生の滝田悠吏・豊嶋優一・宮崎智成です。
昨年11月19日(火)に行われた模擬面接について紹介します。

続きを読む

社会を支える鉄づくりの現場を見学して

| 投稿者: 機械工学科

はじめまして。
機械工学科3年生の市川隆司と上野翼です。
機械材料を専門とする古井光明先生の創成課題では、就職活動の一環として、金属系ものづくり企業の工場見学を実施しています。
今年は東京湾に浮かぶ約550万平方メートルの人工島にあるJFEスチール株式会社東日本製鉄所を見学しました。
JFEスチール株式会社は、世界最高技術を持って社会に貢献するグローバルな大手鉄鋼メーカーであり、粗鋼の生産量は世界第8位,国内では第2位です。
私たちが訪問した東日本製鉄所京浜地区では、鉄鋼の厚板・薄板・表面処理鋼板・管を製造しています。
このブログでは、JFEスチール株式会社東日本製鉄所の工場見学について報告したいと思います。

続きを読む

夏季インターンシップでつかむ就職のカギ

| 投稿者: 機械工学科

みなさんはじめまして。
材料グリーンプロセス研究室にて創成課題を受講している、機械工学科3年生の長谷川直輝と市川大智です。
このブログでは就職活動の一環であるインターンシップについて紹介しようと思います。

インターンシップとは、主に大学の学部3年生や修士課程1年生を対象として、夏の6月から翌年3月にかけて行われる就業体験のことです。
インターンシップには様々な種類があり、1日だけで完結する模擬体験型から、1ヶ月以上の長い期間に渡って企業の業務に携わることができる長期型も存在します。
また、参加を申し出るエントリーの方法は、先着順・抽選・選考など企業によって異なります。

結論から言うと、「インターンシップには積極的に参加すべき!」です。

続きを読む

就職活動のひとつの選択肢「大学推薦」

| 投稿者: 機械工学科

みなさんはじめまして。

材料グリーンプロセス研究室に所属する、機械工学科4年生の重田 海です。

7月の初旬ともなると、大学3年生のみなさんの中にはすでに就職活動の準備を始めた方がいると思います。
私の1学年下にあたる大学3年生のみなさんは、日本経済団体連合会の紳士協定が定める現行のシステムで就職活動を行う最後の学年と聞いています。
充実感がある、また満足感にあふれる就職活動になれば良いですね。

このブログでは、就職活動におけるひとつの、また有力な選択肢である「大学推薦」について紹介したいと思います。
まずはそもそも論として、大学推薦とはどのような就職活動制度なのでしょうか。

続きを読む