コーオプ

コーオプ実習体験記(1)

| 投稿者: 機械工学科

初めまして.

機械工学科3年の池田です.

 

半年前の2年生の後期にコーオプ実習へ行ってきました.

コーオプ実習とは,実際に企業で2か月間お給料をいただきながら就業体験を行う教育プログラムです.

 

実習前の講義で伝わりやすい自己紹介のしかたや,ビジネスマナーを学び,事前準備をした上で実習に臨みました.

 

僕がお世話になった実習先は株式会社ケーテー製作所様です.

主に液体の商品を商品容器に詰める”充填機”と呼ばれる生産機械を製作している企業です.

注射器や目薬といった医薬品,シャンプーや芳香剤などの生活用品,ドレッシングやソースのような食料品まで多くの商品の充填生産機械を製作している企業です.

実習初日に過去の取り扱い商品を見せていただいたのですが,普段僕たちがドラッグストアで目にするような身近な商品ばかりで驚きました.

続きを読む

東京工科大学工学部と(一社)日本包装機械工業会とで包括連携協定を締結

| 投稿者: 機械工学科

 こんにちは、コーオプセンター長の戸井です。
 東京工科大学工学部(大山恭弘工学部長)と一般社団法人日本包装機械工業会(大森利夫会長)は、10月5日、包括連携協定を締結しました。締結をしたのは、東京ビッグサイトのJAPAN PACK 2017の会場。JAPAN PACKというのは、2年に一度開かれる、包装業界の最新技術やサービスを紹介するビッグイベントです。今回は、本学工学部もブースを設置し、コーオプ教育のPR等に努めました。

1

続きを読む

コーオプ教育世界大会

| 投稿者: 機械工学科

こんにちは、コーオプセンター長の戸井です。

6月5日から8日まで、タイのチェンマイで開催されたコーオプ教育等に関する世界大会に出席して来ました。正式名称は、WACE(World Council and Assembly on Cooperative Education) World Conferenceで、今回で第20回目となります。世界各国から1000人を超える参加者を得て盛大に開催されました。

1

開会式の様子

続きを読む

4期実習企業訪問

| 投稿者: 機械工学科

 こんにちは、コーオプセンター長の戸井です。コーオプ実習も第二弾となる4期の実習が始まって一ヶ月がたちました。今回は、東久留米にある、高度な技術を持った金属・樹脂加工会社である株式会社アジャスト様を訪問しました。

続きを読む

いよいよコーオプ実習スタート

| 投稿者: 機械工学科

こんにちは。コーオプセンター長の戸井です。

9月下旬から、いよいよコーオプ実習が始まりました。機械工学科の学生のうち第一弾として56名が、近隣の企業を中心に48社にお世話になって実習を行っています。今回は、その中の一社、株式会社ダイショウの様子を紹介します。

続きを読む

「お金が貰える必修授業!?」に向けて~その2~

| 投稿者: 機械工学科

皆さんこんにちは.工科太郎です.
今回は前回に引き続き,一部の学生では「お金が貰える必修授業」と呼ばれている「コーオプ演習」に向けての準備教育についてお話ししたいと思います.

前回,企業では「個人プレー」だけでは済まず,「チームプレー」が必要にるため,その「チームプレー」をどう進めていくかを学ぶための事前学習として「コーオプ演習I」という授業があるということを紹介しました.

今回はその授業の様子をご紹介しましょう.

Dv3gfhvtrodxt1pmq45gzyoylfc1pqjtjvz

続きを読む

「お金が貰える必修授業!?」に向けて~その1~

| 投稿者: 機械工学科

皆さんこんにちは.工科太郎です.
今日は,東京工科大学工学部の三つの柱(サステイナブル工学,コーオプ教育,グローバル基礎教育)の内,これまであまり語られてこなかった「コーオプ教育」について,現在一年生が行っている講義について説明したいと思います.

コーオプ教育の一番分かりやすい場面だけ切り取ると,
「学生が企業に行って,お給料を頂きながら6~8週間現場で仕事の体験をし,勉学の大切さや社会人としての基礎を学ぶ」
という授業科目があります.学生たちの間では
「お金が貰える必修授業」
などとも呼ばれていたりします.

しかし,もちろん何の準備もしないでいきなりアルバイト感覚で学生が企業にお世話になるわけではありません.工学部の一年生はその準備として「コーオプ演習I」という授業を行っています.

続きを読む