« 義手のための手首機構についての研究と受賞報告 | トップページ | 研究生活とは »

学生会館は素晴らしい学生寮です!

| 投稿者: 機械工学科

みなさん、はじめまして。
材料グリーンプロセス研究室に所属している機械工学科4年生の佐藤渉です。

高校生のみなさんの中には、大学生になったら1人暮らしを始めたいと思っている方も多いのではないでしょうか。
長年住み慣れた実家を離れて、1人暮らしをするには不安がつきものですよね。
東京工科大学の学生会館(学生寮)には、みなさんのそんな不安を解消するシステムや設備が整っています。
入学時から今日まで学生会館に住んでいる私 佐藤が、学生会館の魅力をご紹介しましょう。

 

魅力その1 アクセスの良さ

学生会館の魅力は何と言っても、大学へのアクセスの良さです。
第1学生会館の前にあるバス停から八王子キャンパスの中まで、直通のスクールバスが運行しています。
もちろん無料です。
図1にその運行ルートを示すとおり、第1学生会館発着のスクールバスは、八王子キャンパスの正門ロータリー前バス停に到着します。
所要時間は5分から10分と、もし仮に朝寝坊したとしても9時から始まる1時限の講義に十分間に合います。

Image001_1

図1 第1学生会館発着のバスルート

 

魅力その 2 美味しい食事

1人暮らしにつきものなのが自炊です。
学生会館では自炊の心配はいりません。
学生会館にはデラックスな食堂が用意されているので、朝ご飯と晩ご飯は、栄養バランスが良い、美味しい食事を摂ることができます。
また夕食の時間までに帰寮できない学生のために、八王子キャンパスの中にある学生食堂や、学生会館の近くにあるコンビ二などでも使える寮食券が用意されていますので安心です。

 

魅力その 3 1人住まいにぴったりの部屋

学生会館の住人は全員が東京工科大学もしくは日本工学院八王子専門学校の学生です。
困った時にはすぐに相談できるのはもちろんのこと、全ての部屋が1人部屋のため、プライベートな時間もきっちりと確保することができます。
Wi-Fiも完備されていますし、生活防音もしっかりしているので、1人で過ごしたいときや静かに寝たいときも安心です。
部屋については図2を見て下さい。
広さは第1学生会館が約10㎡,第2と第3の学生会館は約14㎡と、1人で過ごすにはちょうど良い広さの部屋です。

図2 部屋の様子(公式ホームページより)

 

第1学生会館は共同の大浴場とトイレ,第2と第3の学生会館はユニットバス付きですので、好みに合わせて選ぶことができます。
大浴場は1630分から24時まで入浴可能で、それ以外の時間はコインシャワーが24時間フルタイムで使えます。
このほか、学習室やインターネット室,楽器の練習もできるカラオケルーム,自転車やバイクが置ける駐輪場なども完備されています。
また、徒歩圏内にはセブンイレブン,すき家,丸亀製麵,ホーマックなどがありますので、必要なものは、必要なときに何でも揃います。

私が学生会館に入居して良かったと感じていることは、

  • 短時間で、しかもスクールバスでキャンパスと学生会館を自由に行き来できる。
  • 八王子市内や都心へのアクセスが良いので、友人との旅行や遊びも十分楽しめる。
  • 学生会館と言えども、ルールは厳しくないので、のびのび生活できる。

などです。

アクセスの良さ,共同とプライベートを両立できる設備など、大学生にとって必要なものが何でも揃う環境に身を置いて、楽しい充実した東京工科大学ライフを送ってみてはいかがですか!

« 義手のための手首機構についての研究と受賞報告 | トップページ | 研究生活とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 義手のための手首機構についての研究と受賞報告 | トップページ | 研究生活とは »