« 三橋郁・工学部機械工学科助教がSI2014にて「優秀講演賞」および電気学会産業応用部門研究会にて「部門優秀論文発表賞」のダブル受賞 | トップページ | 道の駅の水車小屋(その2) »

工学を繋ぐメディア

| 投稿者: 機械工学科

皆さんこんにちは.光・エネルギー研究室大久保です.
今日は皆さんの工学的なイメージからは少し離れた研究についてご紹介したいと思います.

先日,こちらにある大学の「お知らせ」にも掲載したのですが,堅苦しく言うと,そこに書いてあるように,

『内閣府によるSIP(戦略的イノベーション創造プログラム)の一部である「高付加価値設計・製造を実現するレーザーコーティング技術の研究開発」として、「最新の研究情報についての情報発信・共有についての研究」を行っています。』

という事になりますが,ざっくり簡単に言うと

『国のプロジェクトの一環で,レーザーコーティングを分かりやすく人に説明する研究』

というちょっと工学的研究の視点から見ると変わった事もやっていたりします.

詳細については,僕が参加させて頂いているSIPのプロジェクトに関する内閣府のページ(PDF)を見て下さい.

今回はそのプロジェクトの一環で,4/8(水)~4/10(金)にビックサイトで開催されていたレーザー加工技術展に出展協力をして来ました.内容としては,プロジェクトのメンバーである株式会社村谷機械製作所さんで開発した,新しいレーザーコーティング技術を「分かりやすく説明するための動画」を作成し,展示させて頂きました.

メンバーは,大久保研の学生である上條賢君,北村駿君,相馬隆人君(あいうえお順)と私の4人で3日間バラバラに参加しました.参加日が人によって違ったので,僕が行ったときにいた二人(上條君と北村君)のみ写っている写真しか撮れず,相馬君には大変申し訳ないけれども,記念にアップロードしておきましょう.

Img_20150410_164710

(左)左が上條君,右が北村君, (右)展示ブースのパネル

今回作った動画は各企業さん達の色々な映像が入っていますし,研究成果の一部なのでここではお見せ出来ませんが,第一弾としては良い結果が得られたのではないかという感触を得ています.
今後,ここで得られた知見を生かし,更に色々と
「最新のレーザー技術をどう配信,共有するのか」
という視点での研究を行っていく予定です.

レーザーの最新技術の分かる工学部と,表現のスペシャリストであるメディア学部とがある東京工科大学だからこそ出来る研究ではないかと自負しています.
「進化し続ける大学,東京工科大学」
の新しい一ページになれば良いなと思っています.

最後になりましたが,ご協力を頂いている様々な大学,研究機関,企業等の皆様,誠にありがとうございました.

« 三橋郁・工学部機械工学科助教がSI2014にて「優秀講演賞」および電気学会産業応用部門研究会にて「部門優秀論文発表賞」のダブル受賞 | トップページ | 道の駅の水車小屋(その2) »

学会等」カテゴリの記事

研究紹介」カテゴリの記事