研究室の自己推薦選考を通じて

| 投稿者: 機械工学科

皆さんこんにちは。

このたび材料グリーンプロセス研究室に仮配属となった、工学部機械工学科 3 年生の村田夏生です。

 

このブログでは、私が自己推薦選考を経て材料グリーンプロセス研究室に配属されるまでの経緯や、選考を通じて感じたことなどについてお話ししたいと思います。

これから研究室配属がある12年生の方、自己推薦選考を考えている方の参考になれば幸いです。

 

まず、自己推薦選考を受けた経緯についてです。

機械工学科の研究室配属には、自己推薦選考・一般一次選考・一般二次選考の 3 パターンがあります。

自己推薦選考は一般一次選考より先に行われ、合格すればすぐに配属先が決まります。

次に一般一次選考が行われ、GPA 順に希望研究室へ配属されます。

その後は、一般一次選考で配属先が決まらなかった方のみ一般二次選考にて研究室が決定します。

私が自己推薦選考の存在を知ったのは、今年の3月に実施された機械工学科の 3 年生ガイダンスでした。

同時に、私が希望する材料グリーンプロセス研究室は例年人気で高倍率であることも知りました。

そのため、材料グリーンプロセス研究室に入るチャンスが増えるのに自己推薦選考を受けないという考えはありませんでした。

そこで、オンラインで研究室訪問を行い、古井先生の説明を聞いて自己推薦選考を願い出ることに決めました。

 

次に、自己推薦の選考過程・準備等について少し触れたいと思います。

材料グリーンプロセス研究室の自己推薦選考は調書と面接の 2 つでした。

調書は、「コーオプ実習に行って一番ためになったこと」「どのような材料に興味があるのか、またそれを活かしてどのようなものづくりを行いたいか」「自己アピール」という 3 つの設問がありました。

面接では、「志望理由」「やりたい研究内容」「なぜ自己推薦選考を選んだのか」などを問われました。

参考までに、私が調書と面接で受けた質問への回答をお示しします。

 

 

<調書>

コーオプ実習に行って一番ためになったことは、実習を通して自分が成長した点について技術と社会人基礎力から詳しく書きました。

興味がある材料については、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の特性を活かし燃費の良い輸送機器を作ることで環境に配慮したモノづくりを目指したいという決意を書きました。

自己 PRについては、コーオプ演習の講義で行ったコーオプ実習のフィードバックや社会人基礎力テストの結果を活用して自己分析を行って書きました。

 

<面接>

材料グリーンプロセス研究室を志望する理由は、材料の優れた特性をさらに向上させる研究を行いたいことと、興味を持ったことに熱中して取り組むことができるという自分の性格を考慮した上で、古井先生の研究室で学ぶのが一番であるという考えと思いを述べました。

やりたい研究に関する質問では、調書と同じことを回答しましたが、面接準備として、やりたい研究や興味のある研究についての質問に備え、材料工学の勉強を行い、少しでも詳しく答えることができるように対策しました。

なぜ自己推薦選考を選んだかという質問へは、どうしても古井先生の研究室に入って、CFRPの研究をしたいという願いから、一刻も早く配属枠を勝ち取りたかったという熱い思いを素直に述べました。

 

最後に、自己推薦選考を通じて感じたことについてお話しします。

まだ本格的に就職活動を始めていなかった私にとって、調書を書いて面接を受けるということ自体が新鮮でした。

自己推薦選考を通して、事前準備の大切さや調書を書くための自己分析の大変さ、面接での自分の癖など、多くの学びと気づきがありました。

また、自分を客観視して考えを文字に起こすという点において、成長を感じることもありました。

結果、希望の材料グリーンプロセス研究室に入ることができただけでなく、選考過程での自己発見・成長もあり、自己推薦選考を受けてよかったと思っています。

 

もし、自己推薦選考を受けるか迷っている方がいましたら、ぜひチャレンジしてみることをおすすめします。

希望の研究室に入るチャンスが増えるだけでなく、自己成長にもつながるかもしれない・・・いいこと尽くしです!

このブログを通して、少しでも研究室の自己推薦選考について伝えることができていたらうれしいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

国際学会”LPM2021”で受賞しました!

| 投稿者: 機械工学科

皆さんこんにちは,東京工科大学大学院工学研究科サステイナブル工学専攻修士1年 光・エネルギー(大久保)研究室所属の中尾根です.

 

68日~11日にオンラインで開催されたThe 22nd International Symposium on Laser Precision Microfabrication (LPM2021) という国際学会に参加しました.

 

私は ”Development of the AI for estimating laser power from temperature distribution” と題し,レーザによって加熱された試験片の温度結果からレーザ照射条件のうちの最も基本的なパラメータであるレーザパワーを推定するAIを開発したことについて発表を行いました.また,Outstanding Student Paper Award (Short Oral Presentation) を受賞しました.

 

Lpm2021_prize

 

苦手な英語で発表資料や発表原稿を作るのも,発表練習をするのも想像以上に苦労しましたが,思い切って挑戦してみて良かったです.

自己分析から始めましょう!

| 投稿者: 機械工学科

材料グリーンプロセス研究室に所属する、機械工学科4年の今村遥生です。

東京オリンピック開幕を間近に控えて、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

このブログでは20234月の就職に向けて具体的なアクションを起こしつつある大学3年生の皆さんに自己分析の大切さをお話ししたいと思います。

一口に就職活動と言っても何から始めれば良いかわからずに悩んでいる人も多いと思います。

まずは自分探しの一環として、自己分析から始めることをお勧めします。

 

そもそも、自己分析とは何でしょうか。

自己分析は自分のこれまでの経験や思考を整理し、自分の能力や性格, 強みや弱みなどを具現化することです。

自分はどのような価値観を持っているのか、どのような思考に基づいて、どのような行動をしてきたのかなどを見つめ直し、そこから就職活動の方針を明確にしていきます。

 

次は就職活動にて自己分析を行う目的を考えてみます。

自己分析の目的は「自分の価値の言語化」であると思います。

どんなに良い経験値やスキルを持っていても、それを言葉や文章にしてアピールすることができなければ採用試験で良い結果を得ることができません。

つまり、自己分析は就職活動にて自分の軸を見つけるための大事な作業です。

 

就職活動にて自己分析を行うことのメリットは

・就職活動全体の指針を定めることができる

・自分がどのような仕事がしたいのか, どのような仕事に向いているかが見えてくる

・エントリーシートや履歴書, 面接にて自分の価値をアピールできる

などです。

 

実際に私が行った自己分析の例を表に示します。

➀まずは、印象に残っている経験, 努力したこと, 価値観が変化した出来事などを書き出しました。その際にどんな小さな出来事でもよいので、より多くの出来事を挙げることが大事です。

➁書き出しを行った出来事は時系列ごとに整理しました。

➂書き出した出来事についてより深堀りを行いました。

具体的にはそれぞれの経験について、概要→実際の取り組み→結果の順番でふりかえり、職業に対する自分特有の指向性を知ることができました。

この表を作成したことによって自分の価値の具現化を図り、自信を持って採用試験に挑むことができました。

 

表 実際に行った出来事の整理

時期 経験 概要 行動や取り組み 結果
中学生

体育祭の
実行委員長

体育祭の実行委員長として
皆をまとめて成功に導いた

前年に起こった問題に
対して改善をかけた
問題が解決され
スムーズに
競技を行えた

高校生

 

野球部
での経験
試合に負けた経験から
足りないことを悟った
過去の試合のデータや動画
から打撃練習を見直した
打率が向上しチームの
勝利に貢献した

 

コーオプ
実習
実習現場で問題を
発見し改善した
材料置き場のマニュアル
作成を提案した
作業効率が向上し後工程
まで行えるようになった
大学生

 

 

アルバイト  学習塾にて生徒ひとりひとりとコミュニケーションをとり学習を促した 苦手意識を克服した
自らの経験を解いた
生徒の苦手意識が改善され
平均点が向上した

 

私は自己分析を通じて自分の奥底にある可能性に気付きました。

具体的には、高校生の野球部で練習後に素振りを1100回毎日3年間やり遂げました。

自己分析で過去の出来事を振り返ることによって、「自分の課題を見つけ断続的に努力する」という強みに気が付きました。

それが活かされたのは、2年生後期に行ったコーオプ実習です。

実習現場で問題や課題を発見し、企業に改善を提案した経験から行動力が身に付き、何事に対しても積極的になりました。

 

就職活動が本格化する大学3年生の皆さんはコロナ禍での就職活動となるため、不安なことが多いと思います。

しかし、ピンチはチャンス!

焦らず今からできることをひとつひとつ行っていくことが大切です。

また、7月や8月になると夏のインターンシップが始まります。

まだ就職したい業界や業種が定まっていなくても、幅広い分野の企業のインターンシップに参加してやりたいことを見つけることもひとつの手段でしょう。

そしてその先の採用試験に直面したとき、このブログで取り上げた自己分析が、皆さんの力になれば幸いです。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

東京工科大学工学部の3本柱 “サステイナブル工学”

| 投稿者: 機械工学科

皆さんはじめまして。

材料グリーンプロセス研究室(古井研究室)に所属している、機械工学科4年生の石吾日向と申します。

2021年も今月6月で折り返しとなりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

このブログでは東京工科大学工学部で学ぶことができる、サステイナブル社会の実現に向けた教育カリキュラムである、サステイナブル工学についてお話ししたいと思います。

 

まず、最近耳にすることが多くなったサステイナブル社会やSDGs(Sustainable Development Goals;持続可能な開発目標)について説明します。

サステイナブル社会やSDGsとは、20世紀の科学技術革新のような生活の質の向上のみに目を向けるのではなく、自然・環境,産業・経済,人間・生活を共存させて調和を保ちながら、健全で持続的な発展が可能な社会を目指すものです。

その構築にあたり、2015年9月の国連サミットでは、MDGs(Millennium Development Goals;ミレニアム開発目標)に代わり、先進国を含むすべての国がより広範な課題の解決を対象としたSDGsが全会一致で採択されました。

科学の発展による生活の質の向上だけでなく、環境や差別などのその他の問題にも目を向けて発展を目指すということです。

 

では、東京工科大学工学部におけるサステイナブル工学とは…

東京工科大学が理念として掲げる実学教育のもとに、従来の工学が積み上げてきた多彩な知識と技術を基本としながら、より幅広い視点でものづくり全体をとらえて、持続的発展が可能な社会づくりに貢献しようとする学際的、横断的な学問です。

簡単に言うと、サステイナブル社会の実現に向け、エンジニアとして解決すべき人間・社会・地球環境の課題について学ぶ学問です。

東京工科大学工学部で開講するサステイナブル系の科目は必修科目であり、1年生のうちからサステイナブル工学の基礎について学ぶことができます。

3年生になると、機械工学科・電気電子工学科・応用化学科の工学部3学科が連携して、お互いの専門分野でカバーし合って任意の製品の定量的な環境影響評価を行い、改善提案を行う演習もあります。

この演習科目は工学部の3年間で学ぶサステイナブル工学の集大成であり、異なる専門分野の意見を聞くことができてとても有意義でした。

 

私は東京工科大学へ入学する前は「環境問題=再生可能エネルギー」と考え、環境問題の解決には太陽光発電や地熱発電などを積極的に取り入れさえすれば良いと思っていました。

しかし、サステイナブル工学を学ぶことによって、製造だけでなく使用中や廃棄に至るすべての過程で環境負荷を考えなくてはいけないことを知りました。

現在は社会を構成し、生活するひとりの人間として当事者意識を持ち、プラスチック製品の使用を控えたり、節水節電をしたりするなど、私ひとりでもすぐにできることから始めています。

このような考えや取り組みは私のみならず、家族や友人にも広めていきたいと思っています。

 

4年生となった現在は、3年間の学修を通じて得た知識や経験をもとに、セラミックス繊維強化セラミックス複合材料(CMC)の特性評価に関する卒業研究を行っています。

輸送機器の省エネルギーやCO2排出量削減をもたらし、サステイナブル社会の実現に貢献するCMCの開発に携わることができるのも、機械工学科の3年間で学んだサステイナブルなものの見方や考え方があってこそです。

 

サステイナブルなものづくりに興味があったら、自身で色々調べてみるのも面白いと思います。

興味や探求心が研究への原動力と言われています。

私もあらゆる方向にアンテナを張って、多くのことに興味を持ち続け、サステイナブル社会の実現に貢献するエンジニアになりたいと思っています。

 

サステイナブルの詳細については、下記のリンクをご覧下さい。

・サステイナブル社会について(東京工科大学HP):https://www.teu.ac.jp/gakubu/sustainable/index.html

・サステイナブル工学について(東京工科大学HP):https://www.teu.ac.jp/gakubu/eng/sustainable.html

大学生活のスタートダッシュ!

| 投稿者: 機械工学科

皆さんこんにちは。
材料グリーンプロセス研究室に所属している、機械工学科4年生の石川千尋です。
まず初めに、東京工科大学へ入学された新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!
2021年度が始まり早1ヶ月が経ちますがいかがお過ごしでしょうか。
このブログでは研究活動をメインにして、スタートダッシュに不安が残る新入生の皆さんへ、背中を押すようなメッセージを伝えられたらと思います。

私が所属する材料グリーンプロセス研究室では、今年度の研究室活動のモットーとして「私たちの連携...密です。」を決めました。
コロナ禍の影響で例年行っている歓迎会が出来ませんでしたが、この状況下だからこそ古井光明先生やメンバーと連携し、互いに切磋琢磨しながら、親密な、また心密な研究室生活を送れたらと思っています。

私の卒業研究である「高温ひずみ分布計測法の確立」について触れます。
これは、1500℃以上の超高温状態にした材料(金属やセラミックス繊維強化セラミックス複合材料)のデジタル画像を撮影し、その表面や内部に存在するひずみを正確に測定する方法を確立することが課題です。
この測定方法が確立されると、超高温下で生じる材料の破壊現象をリアルタイムで観測することが可能になり、金属やセラミックス繊維強化セラミックス複合材料の信頼性や性能評価への大きな手助けになります。
特にセラミックス繊維強化セラミックス複合材料は航空機エンジンへの実用化が期待されており、航空機の燃費向上や環境負荷の低減ができます。
現在は先行研究を調査しながら、自分のテーマの背景や経緯を理解すると共に、課題解決の目的や目標を探っています。
卒業研究に取り組み始めた中で、ひとつ気付いたことがあります。
それは大学4年生こそ勉強する学年ということです。
3年生までと異なり日々の講義や実験がないため、そこまで忙しくはないと思っていました。
しかし実際は真逆で、研究を行うためには講義・演習で得た知識や経験を実践の場で活かす必要があります。
卒業研究は答えがない未知の課題に挑戦するからこそ、習うのではなく、自ら進んで学ぶ姿勢が大切であることを痛感しています。
研究室のモットーにあるように、先生方やメンバーと協働・共創して、楽しみながら、少しずつ成果を出していきたいと思っています。

最後に、環境が変わり慣れないことが多く、大学生活のスタートダッシュに不安を抱える方へメッセージがあります。
結論から言うと、困ったら周りに頼りましょう!
その時はまず自分の考えを伝え、相手の意見やアドバイスを尊重することが大切だと思います。
仲間とゲームをしながらでも良し、オンラインで語り合うのも良し。
また、give and take を意識しましょう!
自分から進んで give して、相手に take してもらうことを心がけると、心配や悩みがとけほぐれると共に、次第に仲間の輪が大きくなります。
「3人寄れば文殊の知恵」、機械のものづくりもそうですが、一緒にやった方が楽しいし、きっとうまくいきます。

最後まで読んで下さり、本当にありがとうございました。
八王子キャンパスでお会いできる日を楽しみにしています。

機械工学科での学び -夢・目標・計画・実現-

| 投稿者: 機械工学科

高校生のみなさん、大変おひさしぶりです。

機械工学科長の古井です。

高校生のみなさんは学年が進行して、また気持ちを新たに勉強や課外活動に取り組んでおられることと思います。

 

東京工科大学工学部機械工学科では、4月6日(火)に開催された入学式において、総勢107名の新入生を迎えました。

早速、翌日の7日(水)には新入生を対象とした機械工学科のガイダンスを行いました。

 

続きを読む

応用物理学会で発表しました!

| 投稿者: 機械工学科

みなさん、こんにちは。東京工科大学工学部機械工学科4光・エネルギー(大久保)研究室所属の亀田です。
313日~19日にオンラインで開催された68回応用物理学会春季学術講演会に参加しました。

本学会で私は、Elective Laser Thermoregulation法による加熱試験のための引張試験機の開発」と題した発表を行いました。これは本研究室で開発中のレーザーを用いた世界初の手法に使用する引張試験装置の開発成果になります。

続きを読む

就職活動に向けた第一歩「模擬面接」

| 投稿者: 機械工学科

ブログをご覧のみなさま、はじめまして。
材料グリーンプロセス研究室に所属する、工学部機械工学科3年生の大山大輝と吉田航志です。
今回私たちが紹介するのは、機械工学科3年生の後期のカリキュラムに含まれる創成課題の講義で、2020年12月1日(火)に実施した「模擬面接」についてです。
模擬面接とは、企業が行う採用試験の一つである面接試験に向けた対策として、東京工科大学が全学的に実施している、本番に近い形式の面接練習です。
会議室を1室使用して、材料グリーンプロセス研究室の古井光明教授と研究室所属の4年生の先輩2名が面接員として、入室・退室の動作、挨拶の仕方、面接員からの質問に対する応答などを採点•評価されました。
質問は大きく分けて、「強み」,「学生時代に力を入れたこと」,「その他」の3点でした。
自己PRの「強み」と、いわゆるガクチカの「学生時代に力を入れたこと」は、企業の採用面接でほぼ確実に聞かれる質問です。
3つ目の質問「その他」がなかなかの難関で、挫折した経験や、苦手な人とどのように付き合うかなど、社会人基礎力を深く掘り下げる質問で、答えるのにとても苦労しました。

続きを読む

自分だけの武器になる「コーオプ実習」

| 投稿者: 機械工学科

みなさん、こんにちは。
材料グリーンプロセス研究室に所属している、機械工学科4年生の豊嶋優一です。

機械工学科の学生のみなさんは2年生の後期に、2カ月もの間、企業で実働研修する「コーオプ実習」を経験します。
これからコーオプ実習を行う1年生のみなさんは、2カ月も社会人として働くことができるだろうかと不安に思っていることでしょう。
私は高校時代はアルバイトが禁止で、東京工科大学に入学してからは慣れない一人暮らしで奨学金に頼って生活していたので実働経験が全くありませんでした。
コーオプ実習には、もちろんある程度の緊張感は必要ですが、あまり心配しすぎなくてもだいじょうぶです。
コーオプ実習の前には、それを行う企業との顔合わせがあります。
企業は私たち実習生のことを理解し、温かく迎え入れて下さいます。
コーオプ実習が始まってからは業務に慣れるまで色々と大変かもしれませんが、事前学習のコーオプ演習Ⅰ・Ⅱで学んだことを実践し、社会人基礎力をしっかり身につけられるよう一生懸命研修しましょう。
ただ単位と給料のためにだけコーオプ実習に臨むのはもったいないです。
自分自身の成長を目指して、コーオプ実習では具体的な目標を掲げましょう。

 

続きを読む

足跡は地球を救う!とうとう最終回「誰がためにEFはある」

| 投稿者: 機械工学科

みなさん、こんにちは。
サステイナブルマネジメント研究室芝池です。
本当に長い間ご無沙汰をしてしまいましたが、今回は足跡(footprint指標)シリーズの最終回たるにふさわしく、これまでに登場したCFP(カーボンフットプリント)WF(ウォーターフットプリント)の親分格であるエコロジカルフットプリント(Ecological Footprint、以下EFと略します)について紹介します。

続きを読む

«大学院フェスティバルを通じて視野を広げよう