就職活動に向けた第一歩「模擬面接」

| 投稿者: 機械工学科

ブログをご覧のみなさま、はじめまして。
材料グリーンプロセス研究室に所属する、工学部機械工学科3年生の大山大輝と吉田航志です。
今回私たちが紹介するのは、機械工学科3年生の後期のカリキュラムに含まれる創成課題の講義で、2020年12月1日(火)に実施した「模擬面接」についてです。
模擬面接とは、企業が行う採用試験の一つである面接試験に向けた対策として、東京工科大学が全学的に実施している、本番に近い形式の面接練習です。
会議室を1室使用して、材料グリーンプロセス研究室の古井光明教授と研究室所属の4年生の先輩2名が面接員として、入室・退室の動作、挨拶の仕方、面接員からの質問に対する応答などを採点•評価されました。
質問は大きく分けて、「強み」,「学生時代に力を入れたこと」,「その他」の3点でした。
自己PRの「強み」と、いわゆるガクチカの「学生時代に力を入れたこと」は、企業の採用面接でほぼ確実に聞かれる質問です。
3つ目の質問「その他」がなかなかの難関で、挫折した経験や、苦手な人とどのように付き合うかなど、社会人基礎力を深く掘り下げる質問で、答えるのにとても苦労しました。

続きを読む

自分だけの武器になる「コーオプ実習」

| 投稿者: 機械工学科

みなさん、こんにちは。
材料グリーンプロセス研究室に所属している、機械工学科4年生の豊嶋優一です。

機械工学科の学生のみなさんは2年生の後期に、2カ月もの間、企業で実働研修する「コーオプ実習」を経験します。
これからコーオプ実習を行う1年生のみなさんは、2カ月も社会人として働くことができるだろうかと不安に思っていることでしょう。
私は高校時代はアルバイトが禁止で、東京工科大学に入学してからは慣れない一人暮らしで奨学金に頼って生活していたので実働経験が全くありませんでした。
コーオプ実習には、もちろんある程度の緊張感は必要ですが、あまり心配しすぎなくてもだいじょうぶです。
コーオプ実習の前には、それを行う企業との顔合わせがあります。
企業は私たち実習生のことを理解し、温かく迎え入れて下さいます。
コーオプ実習が始まってからは業務に慣れるまで色々と大変かもしれませんが、事前学習のコーオプ演習Ⅰ・Ⅱで学んだことを実践し、社会人基礎力をしっかり身につけられるよう一生懸命研修しましょう。
ただ単位と給料のためにだけコーオプ実習に臨むのはもったいないです。
自分自身の成長を目指して、コーオプ実習では具体的な目標を掲げましょう。

 

続きを読む

足跡は地球を救う!とうとう最終回「誰がためにEFはある」

| 投稿者: 機械工学科

みなさん、こんにちは。
サステイナブルマネジメント研究室芝池です。
本当に長い間ご無沙汰をしてしまいましたが、今回は足跡(footprint指標)シリーズの最終回たるにふさわしく、これまでに登場したCFP(カーボンフットプリント)WF(ウォーターフットプリント)の親分格であるエコロジカルフットプリント(Ecological Footprint、以下EFと略します)について紹介します。

続きを読む

大学院フェスティバルを通じて視野を広げよう

| 投稿者: 機械工学科

 皆さんこんにちは.材料グリーンプロセス研究室に所属する,機械工学科3年生の石川千尋と齋藤良平です.今回私達が紹介するのは,10月17日(土)に行われた東京工科大学工学研究科の大学院フェスティバル2020です.今年度は初めてオンライン形式で開催され,感染症対策を行いながら先生方や大学院生である先輩方の貴重なお話しを聞くことができました.

続きを読む

エントリーシート対策講座を受講しました!

| 投稿者: 機械工学科

みなさん、こんにちは。
古井光明先生材料グリーンプロセス研究室にて創成課題を受講している、機械工学科3年生の鈴木彗志・村田耕朔です。
このブログでは、930日(水)と107日(水)に行われたエントリーシート対策講座について紹介します。

続きを読む

夏のインターンシップ報告会

| 投稿者: 機械工学科

はじめまして。
機械工学科3年生の黒沼創太と今村遥生です。
創成課題の2回目となる古井光明先生のクラスでは、夏のインターンシップに参加したクラスメイトによる報告会を開催しました。

続きを読む

東京工科大学の部活動

| 投稿者: 機械工学科

皆さんはじめまして。

材料グリーンプロセス研究室に所属する、機械工学科4年生の上野翼です。
今回のブログでは東京工科大学の部活動について紹介したいと思います。
東京工科大学に入学を検討している高校生の皆さんや新入生の皆さんに少しでも参考になれば幸いです。

続きを読む

セラミックス複合材料センターと私の卒業研究

| 投稿者: 機械工学科

みなさんはじめまして。

私は材料グリーンプロセス研究室に所属している、機械工学科4年生の伊藤正毅です。
私がこれからお話しするのは、東京工科大学片柳研究所のセラミックス複合材料センター(CCMC: The Center for Ceramic Matrix Composites 以下CMCセンター)についてです。
CMCセンターはセラミックス複合材料に関する国内の産官学の連携拠点として、プロジェクト推進や共同研究を行うために設立されました。
航空・宇宙分野をはじめ、発電,自動車など産業界で広く必要とされる超耐熱構造材料であるCMCの開発や研究を行う施設です。

Image001_20200819160101

図1 東京工科大学片柳研究所セラミックス複合材料センター

続きを読む

ドイツで開催された国際会議(LPM2020)に参加してきました!

| 投稿者: 機械工学科

みなさん、こんにちは。東京工科大学大学院工学研究科サステイナブル工学専攻修士1年 光・エネルギー(大久保)研究室所属(本学機械工学科卒業)の越地です。

623日~26日にドイツのドレスデンで開催されたLaser Precision Microfabrication 2020(LPM2020)というレーザーの国際会議に参加してきました。本当はドイツに行って発表をしたかったのですが、今年は新型コロナウイルスの影響でオンラインでの開催でした。

 

続きを読む

東京工科大学のサークルの魅力

| 投稿者: 機械工学科

みなさん、はじめまして。
材料グリーンプロセス研究室に所属する、機械工学科4年生の市川隆司です。
このブログでは、東京工科大学のサークルの魅力について書かせていただきます。

特に4月に入学した1年生のみなさんには、サークルへ入会することを強くおすすめします。
サークルには出身地や専門のバックグラウンドが異なる全学部・全学年の人達が集まるので、様々な個性を持ったメンバーとつながり、幅広い人間関係を築くことができます。
そこで同じ学部•学科の先輩に出会うことができれば、おすすめの講義やテスト攻略のコツなど、学修のアドバイスもしてもらえます。
さらにサークルに入っていると、東京工科大学の数少ないイベントである紅華祭をより楽しむことができます。
紅華祭でサークルの仲間と一緒に出店するのは、メンバーの団結を強めるだけでなく、学生時代の良い思い出になります。
東京工科大学には部費がかからず気軽で楽しいサークルがたくさんあるので、ぜひサークルへ入ってみて下さい!

続きを読む

«活動自粛中の時間の使い方