新型コロナウィルスによって変化する就職活動

| 投稿者: 機械工学科

みなさん、こんにちは。
材料グリーンプロセス研究室(古井・加藤研究室)に所属している、機械工学科4年生の榎本笙平です。
新型コロナウイルスが流行して3年目、長らく自粛生活が続いていましたが、少しずつですが行動制限がない元の生活に戻りつつあります。
そのような中、就職活動ではオンライン・対面両方での面接が採用されるなど、面接の形態も変化してきています。
このブログでは、新型コロナウイルスで変化した就職活動について実際に私が行ったこと、感じたことなどをお話しさせていただきます。

 

続きを読む

自分の声

| 投稿者: 機械工学科

機械工学科ブログをご覧になっている皆さんこんにちは。
材料グリーンプロセス(古井・加藤)研究室に所属している、機械工学科4年生の浅見聡志です。 
今年度から、私が所属している材料グリーンプロセス研究室では金属、CMC(セラミックス繊維強化セラミックス複合材料)グループに加え、新しく音響グループができました。
音響グループのメンバーは加藤太朗先生を筆頭に私を含め2人の学生が所属しています。
音響グループの研究内容は、騒音のマスキングによる快適性向上や超磁歪アクチュエータを用いた小型モビリティ搭載用アクティブノイズコントロールシステムの開発などです。
加藤先生について深く知りたい方は今年420日のブログを読んでみてください。

工学部で履修できる講義の中で音響学を中心とした音に関して学ぶ科目はありません。
つまり、材料グリーンプロセス研究室に入って初めて学ぶことが多く、私も知らないことばかりです。
現在は書籍や論文を読んで知識や見聞を広げ、加藤先生の解説を聞く日々が続いています。
私のブログでは、身近な音に関する「自分の声」について話したいと思います。

皆さんは自分の声を聞いたことがありますか?
発表練習での録音やインスタグラムに投稿した動画にある自分の声を聞き、ショックや違和感を抱いた人は多いと思います。
思っているより自分の声が高くこもったように聞こえますよね。
結論を言ってしまうと、それは録音した自分の声が他人に聞こえている音です。
自分だけが自分の本当の声を聴くことが出来ていないなんて少し不思議に思いますよね。
その原因は骨髄音にあります。
骨髄音とは発声した際の声帯震動が頭蓋骨を通し直接的に内耳へ伝えられ、骨伝導する際に高い音が削られてしまうため、結果として低い音が強調されて聞こえてしまう音のことです。
録音された自分の声を聴き、嫌になることもあると思いますが、変な声に聞こえるのは認識の違いなので、実際は変でも何でもないのです。

Fig1_20220609080101

(引用:骨伝導とは? その仕組みと音質、安全性について

 

 

続きを読む

6月12日(日)オープンキャンパス

| 投稿者: 機械工学科

みなさん、こんにちは。機械工学科BLOG担当の高橋です。

今週末6月12日(日)にオープンキャンパス(来場型・オンライン型
)が開催されます。

機械工学科では下記の研究室公開を行います。研究説明や一部テーマでは実際に体験することができます。
是非、登録の上参加してください。

 

研究室

先進メカトロニクス
(佘)
研究室

陸海空移動ロボティクス
(福島)研究室
知性材料工学
(三田)研究室
感性応用開発
(高橋)研究室
主な展示など 車輪型倒立ロボット,ペダリング型リハビリ機器 移動ロボット(クローラ型、4脚歩行型、クアッドコプター、水中ロボット) 形状記憶合金をアクチュエータとした8脚歩行ロボット コンピュータ内の物体に触れる!、VRジェットコースター

 

 

 

皆さんこんにちは,工学部機械工学科講師の禹です.

| 投稿者: 機械工学科

は2022年から機械工学科で「ヒューマンセントリックモビリティ研究室」の運営をはじめました.ヒューマンセントリックは人間が中心,人間が主体であるとの意味を持つ英語です.意味通りに人間が中心となっているモビリティシステムについて研究して行きたいと考えています.

 

・ヒューマンセントリックモビリティ研究室の紹介

 モビリティに関する技術は移動に関する技術のみならず,モビリティサービス・人工知能・ロボット関連技術・IoT・IoE・5G技術などが応用される現代技術を集約したものです.本研究室ではSociety 5.0時代を向けた人間が安全・安心して生活できる人間中心社会を目指して,モビリティシステムの開発,それと関連するロボット応用技術,AI,IoTといった研究開発を行っていきます.特にヒューマンセントリック,つまり人間を中心に考えて移動に関するモビリティ操作性,乗り心地の検討,インタラクティブなモビリティインタフェースの開発など,人に優しいモビリティシステムを目指しています.これらの技術はモビリティ産業への応用のみならず,人間と共存するために他の技術と幅広く結びつけ,人に役に立つものを作り出すことも可能な技術です.図1は禹講師が今まで携わった研究開発システムの例です.すべてのシステムはスマートデバイスとつながることが可能となり,皆さんが過ごしている環境の中でいかにシームレスな支援が行われるようにするか考慮されています.

Photo_20220424161701

図1 人に優しい人間システムの例

 

 

続きを読む

“新しい”ヒューマンメカトロニクス研究室の紹介

| 投稿者: 機械工学科

皆さんこんにちは,機械工学科講師の上野です.

私は2015年に東京工科大学に着任し,2021年度まで「助教」として本学の教育・研究に携わってきましたが,この度2022年度から「講師」となりました.
役職が変わっただけではありますが,これまでとの大きな違いは,私が研究室を運営していくことになったということです.
これまでは,2021年度にご退官された松尾教授の研究室で,所属学生の研究活動の支援を行ってきました.
2022年度からは,私が研究室の代表として所属する学生の研究活動を指導していくことになります.

私の研究室名は「ヒューマンメカトロニクス研究室」です.
ご存知の方もいるかもしれませんが,この名前は松尾教授の研究室名から引き継がせてもらいました.
以降では,「ヒューマンメカトロニクス研究室」ではどのような研究をするのかを簡単に説明し,現在の研究室の状況を報告したいと思います.

まずは研究内容についてですが,その前にヒューマンメカトロニクスという言葉について.
「ヒューマン」は人のことです.
「メカトロニクス」という言葉は,もしかしたら初めて聞く人がいるかもしれません.
メカトロニクスは,「メカニズム(機械工学)」と「エレクトロニクス(電子工学)」を組み合わせた言葉で,安川電機が提唱しました.
今では広く知られる言葉となり,世界中で通じるようになっています.
またメカトロニクスが含む分野も,技術の発展に伴い,その語源の機械工学と電子工学だけでなく,情報工学や制御工学なども含まれるようになっています.

ヒューマンメカトロニクス研究室では,「人」と「メカトロシステム」が絡むものが研究対象になります.
主な研究を以下に示します.
・「人」の移動を支援するための移動機構
・「人」の身体的負担を軽減するためのパワーアシストシステム
・パワーアシストにおける衝突回避・位置決め等操作「者」支援システム
・表面筋電位を用いた「人」の特性解析と応用

 

Photo_20220418084601図1 研究室紹介画像

続きを読む

はじめまして加藤太朗です。

| 投稿者: 機械工学科

皆様、はじめまして。

この度、4月から機械工学科の助手として着任した、加藤太朗(かとうたろう)と申します。とても覚えやすい名前だと思いますので、是非とも顔も覚えてもらえると嬉しいです。今回、初めて機械工学科公式ブログに投稿させて頂きます。ここでは、私自身の学生時代の研究やこれまでの経験について、紹介させて頂きます。

私は、神奈川県川崎市で生まれ、小学2年生から横浜で育ちました。小学生の頃から生粋の野球少年で、当時は『プロ野球選手になれる』と本気で思っていました。(まさか25年後に大学の教員になるとは全く想像していませんでした。)教員になった今でも野球が好きで、特に大谷翔平選手の大ファンです。このブログを読んだ野球好きの方、是非とも野球談議をしたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

1_20220415081501

図1 趣味の野球(バッターが私です)

 

 

続きを読む

昆虫飛翔の世界を覗く

| 投稿者: 機械工学科

機械工学科ブログをご覧になっている皆さん

こんにちは,野田です.
私の初めての投稿ということもありまして,「昆虫飛翔」の研究について紹介します.
特に工学部を志望して本ブログをご覧になっている高校生の皆さんには,「昆虫」と「工学」,馴染みがなさそうに見えますが,この関係がぼんやり分かる程度にお付き合いいただければと思います.

まずタイトルに違和感を感じた人がいるかもしれません.
それは,「昆虫飛行」ではなく,「昆虫飛翔」の部分ではないでしょうか.
これは,飛行機の様な動かない,固定された翼では飛行,これらと区別する意味でも羽ばたく翅を使って飛んでいることを飛翔としているためです.

またまた違和感を感じた人がいるかもしれません.
それは,「羽ばたく」ではなく,「羽ばたく」の部分ではないでしょうか.
簡単に言うと,背骨のある鳥に対して,背骨のない昆虫に対してといった言葉を使って区別をしています.
またまたまた...と続けていきたい所ですが,面白みに欠けるので言葉の紹介はここまでとします.

さっそくですが,なるべくポップなイラストの馴染みのある昆虫を並べてみました. 

1_20220412134501

図1 馴染みのある昆虫

 

続きを読む

大人の新入生を迎えた大人の機械工学科

| 投稿者: 機械工学科

高校生のみなさん、おひさしぶりです。
機械工学科長の古井です。
高校生のみなさんは学年が進行して、また新たな気持ちで勉強や課外活動に取り組んでおられることと思います。

東京工科大学では、蒲田キャンパス片柳アリーナでの令和4年度入学式に続いて、翌日4月6日(水)には学部・学科に分かれて新入生ガイダンスを実施しました。
工学部機械工学科も他ではなく、きれいな桜が咲き誇る気持ちの良い青空のもと、総勢107名の新入生のみなさんを機械工学科第8期生として迎えました。
そこでは、機械工学科で学修を進めるにあたってのポイントや、充実した安全な学生生活を送るための注意事項など、約2時間にわたって新入生のみなさんへレクチャーしました。
その冒頭、学科長の挨拶として古井の出番があったのですが、しどろもどろな挨拶では古井の思いが十分伝わっていないはずですので、ブログの紙面をお借りして、新入生のみなさんに向けたエールを「大人の新入生を迎えた大人の機械工学科」というタイトルでまとめてみたいと思っています。
今しばらくお付き合い下さいね。

続きを読む

2021年度学生表彰

| 投稿者: 機械工学科

みなさん、こんにちは。機械工学科BLOG担当の高橋です。
今回は2021年度学位記授与式に際して、下記の3名が各学会より表彰されましたのでお知らせいたします。

 黒田茂輝さん、日本設計工学会 武藤栄次賞優秀学生賞 

 佐々木萌さん、電気学会 電気学術女性活動奨励賞

 村雲龍登さん、日本ロボット学会 優秀学生賞

皆さん、おめでとうございます。下記に受賞者のコメントを掲載させていただきます。

 

続きを読む

自分を高める学外発表

| 投稿者: 機械工学科

皆さんこんにちは。
材料グリーンプロセス研究室所属、サステイナブル工学専攻1年生の成田哲也です。
このブログでは、私が昨年2021年12月に参加した大学コンソーシアム八王子学生発表会での研究発表の経験談についてお話しします。

 

続きを読む

«卒業研究で学んだ社会でも役立つふたつのこと